ハイラックスサーフメンテナンスサポート01

トミーのメンテナンスサポート

中古車を購入するにあたり、第一に不安視される問題として、所有してからの故障があげられます。
生産から10年以上(185ハイラックスサーフは生産平成8年~14年、215ハイラックスサーフは生産平成14年~21年)が経過するハイラックスサーフにいたっては、不安材料の最たるものだと考えます。

ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス100
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス101
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス102

故障に関しての分類は、すでに寿命が来ている物、故障が予想されるものの大きく2点に分かれるかと思います。
弊社ではこの2点にしっかり着目し、手入れするべきところは必ず行うという方針で整備を行っています。
念願だったハイラックスサーフを安く購入できたとしても、なされるべき修理がされていない車両であれば頻繁な故障により結果的に大きな出費になりかねません。
安く購入するという事は素材、質に直結する部分ですので、上記のなされるべき修理はされていない物同然ではないでしょうか。

ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス103
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス104
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス105

長く楽しいサーフライフを存分に楽しんでいただくために、ハイラックスサーフ専門店トミーの責任として十分な整備で愛車をお届けします。

整備料金

過去2年間に、自社工場にて納車の為の整備代の平均を算出したもので、経年度合もできるだけ近い車輛での算出としています。

整備料金
185サーフ前後期ガソリンエンジン2700cc、3400cc 一律整備費用253,000円
185サーフ前後期ディーゼルエンジン3000cc 一律整備費用297,000円
215サーフ前後期ガソリンエンジン2700cc、3400cc、4000cc 一律整備費用297,000円
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス106
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス107
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス108

メンテナンス内容

必須項目(必ず行う個所)
エンジン回り
中古車メンテナンスエンジンオイル7.5L
エンジンオイル 7.5L
中古車メンテナンスオイルエレメント
オイルエレメント
中古車メンテナンスファンベルト
ファンベルト
中古車メンテナンスエアコンベルト
エアコンベルト
中古車メンテナンス噴射ポンプガバナパッキン、Oリング交換
噴射ポンプガバナパッキン、Oリング交換
ブレーキ回り
中古車メンテナンスフロントブレーキローター研磨もしくは新品交換
フロントブレーキローター研磨もしくは新品交換
ハイラックスサーフメンテナンスサポート02
リアドラムブレーキ分解清掃、グリスアップ

1)ブレーキメンテナンス

ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス01
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス02
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス03

<ブレーキローター研磨>
ブレーキローターの研磨とは、ブレーキパットとの接地面が平面でなくなってしまった物や、サビだらけになってしまったブレーキローターを研磨することで表面を整え新品同様に再生する作業です。
通常ブレーキローターの研磨可能な限度厚みは約2mm(片面1mmずつ)となり、 一回の研磨では片側約0.2mmほど削ります。状態によって限度厚に達してしまう個体もありますのでその際は新品のブレーキローターを使用することになります。
(使用品)
約5万キロ走行した接地面が凸凹に荒れたレコード盤状のローター。この状態はブレーキタッチのフィーリングの低下はもちろんですが、異音や振動の原因にもなり、車の基本性能で最たる「止まる」ことの性能低下となります。特にハイラックスサーフはフロント荷重が大きいのでフロントブレーキの消耗は多くなる傾向です。

ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス04
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス05

(研磨品)
ブレーキパットとの接合面がまっ平に研磨され、錆も落とされたのちに耐熱塗料で再生されます。これでブレーキパットとの接合面は100%に近くなり、本来のブレーキ性能を取り戻します。
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス06

<ブレーキパッド>
ブレーキパッドは、車輪と一体で回転するブレーキローターを左右から挟み込み、その摩擦力で回転を止めて制動させる働きをしています。ブレーキパッドが消耗し、使用限度になるとブレーキの効きの悪化や、鳴き、更にはブレーキローターにダメージを与え、ブレーキ事態の破損を招く恐れがあります。よって使用限度が近いブレーキパッドは必ず交換しなければなりません。ブレーキパッドの厚みは車種やメーカーによって多少前後しますが、新品時の厚みは約10mmで、使用限度は2mmまでとなります。

弊社では、状態が良いブレーキであっても、新たに研磨されたブレーキローターと新品のブレーキパッド使用し、全車が安全に止まる対策を徹底しております。

ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス07
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス08
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス09

2)Vベルトメンテナンス

ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス10
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス11
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス12

<ファンベルト、エアコンベルト>
車は、エンジンの動力を利用し「エンジンの冷却」、「発電」、「エアコン」などを作動させています。それをゴム製のベルトでエンジンと各部品を連結させ、動力を伝えます。エンジンの熱と高回転の負荷を受け、常に伸縮を繰り返している消耗品です。
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス13
一般的な交換目安は5万キロとなっており、劣化が始まるとベルト鳴き、ベルト切れ、など様々なトラブルを引き起こします。
万が一Vベルトが「動力伝達」を果たせなくなると、エンジン動力を元にしている機能が動かなくなります。その結果、発生する故障は次の5つです

1・エンジン停止
2・オーバーヒート
3・パワステが効かなくなる
4・エアコンが効かなくなる
5・上記の項目と共に二次災害の危険性
上記の故障から最悪のケースとして、エンジン本体の破損や、操縦不能の事故へつながることも予想されます。
よってハイラックスサーフ専門店のベルトメンテナンスでは、目視上、劣化の無いベルトが装着されていても、必ず全車新品に交換するようルール化しています。

ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス14
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス15
点検結果次第での整備・交換箇所
 

燃料系

噴射ポンプ(ディーゼルのみ)、プライミングポンプ、フューエルストレーナー

油脂類

ブレーキオイル、デフオイル、トランスファオイル、ATF、クーラント

ガスケット系

タペットカバー、ドレンパッキン、パワステポンプ、トランスファーオイルシール

タイミングベルト

タイミングベルト(ディーゼル車両及び3400ccガソリンのみタイミングベルト式)
オートテンショナー(ディーゼル車両及び3400ccガソリンのみタイミングベルト式) 

エアコン

コンプレッサー、コンデンサー、プーリー、エバポレーター、ガス残量、配管

冷却水系

ラジエーター本体、ウォーターポンプ、サーモスタット、ラジエータキャップ、冷却水ホース&バンド

マフラー

フロント、センター、リア、ガスケット、マフラーサポート

駆動系

トランスファーギア、4WDコンピューター、デフバキュームアクチュエーター(215ハイラックスサーフ)

足回り

ショックアブソーバー、サスペンション、ドライブシャフト、ドライブシャフトブーツ、スタビリンク、ラテラルロッドブッシュ

電装系、点火系

ダイナモ、セルモーター、EGRバルブ、ヒーターコア、エアフロセンサー、プラグコード、プラグ、デスビ

電球類

ポジション、ヘッドライト、テールランプの切れている箇所

その他

ガラスリペア、サンルーフ水漏れ、パワーウィンドウ

ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス109
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス110
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス111

点検内容で不具合があった場合大きくかかる箇所の一般修理費用


※オルタネーター:7万円
※噴射ポンプ故障:20万円(ディーゼルのみ)
※ラジエーター:10万円
※エアコンコンプレッサー:10万円
※デフバキュームアクチュエーター:3万円(アクチュエーターは2つあり両方の場合は8万円)
※トランスファーギア13万円
※エアフロセンサー8万円
※トランスファーo/h 20万円
上記のような不具合により整備費用が大きく超えた場合でも追加請求はありません。

ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス112
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス113
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス114
納車前121項目点検
しっかりお金をかけて整備したからと言って、すべての装備が正常に作動する保証はありません。
よって弊社では、納車の準備がすべて整った後に試乗を含めた納車前点検を作業スタッフ全員で全てのハイラックスサーフに実施致します。
この121項目点検リストは長年培ってきたマイナートラブルや納車後のクレームからフィードバックさせたもので、ハイラックスサーフ専門店トミーならではのオリジナル点検リストです。
弊社が納車するハイラックスサーフ1台1台が、現行車と遜色のない機能、乗り心地を実現するのもこのリストの完全実施があるからだと断言いたします。

ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス115
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス116
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス117
ボディー点検項目
1 : ボンネット
2 : バンパーチリ
3 : バンパーボルト
4 : ワイパー
5 : 泥除け
6 : グリル
7 : ルーフレール
8 : ドアミラー
9 : F小ミラー
10 : キーシリンダー
11 : ドアハンドル
12 : 給油口
13 : 背面タイヤ
14 : Rワイパー
15 : ナンバー灯
16 : Rバンパー
17 : 雨よけ
18 : Fウォッシャー
19 : Rウォッシャー
20 : アンテナ
21 : 磨き後のコンパウンドつまり
ボンネット
各ドア
ルーフ
ピラー
ウィンカーパネル
ドア隙間
22 : ドアあたりゴム
23 : オイル漏れ
24 : LLC漏れ、匂い
25 : タイヤ干渉
26 : ステアセンター確認
27 : 各ドアきしみ音
28 : ウェザーストリップ
29 : 雨漏り点検
30 : Fガラス飛び石、傷
31 : その他ガラス
ペイント点検項目
32 : フロントフェィス回り
33 : F右フェンダー
34 : F左フェンダー
35 : FDドア
36 : FNドア
37 : RDドア
38 : RNドア
39 : RRクォーター
40 : RLクォーター
41 : Rゲート右
42 : Rゲート左
43 : ルーフ
44 : 撥水コーティング
45 : 高圧洗浄
46 : 洗車、拭き上げ
外 電装、その他点検項目
47 : ヘッドライト
48 : イビーム
49 : H/Lポジション
50 : コーナー
51 : Fウィンカー
52 : Sウィンカー
53 : Rウィンカー
54 : Rポジション
55 : ブレーキ
56 : バック
57 : ハイマウント
58 : ワイパーウォッシャー
59 : エンジンルーム
60 : エアクリ
61 : バッテリー端子
62 : 水温計
63 : タコメーター
64 : スピードメーター
65 : 油圧計
66 : 電圧計
67 : 計器異音
68 : ドアロック
69 : 発煙筒
70 : サンバイザー
71 : ドアバイザー
72 : エンジン始動具合
内装点検項目
73 : PW FD
74 : PW FN
75 : PW RD
76 : PW RN
77 : PW バックガラス
78 : 集中
79 : ウィンドウロック
80 : ドアノブ
81 : ホーン
82 : 吹き出し口
83 : 4WD切り替え
84 : ボンネットオープナー
85 : 給油口オープナー
86 : ウィンカーレバー
87 : ワイパーレバー
88 : 各メーター
89 : 各メーター照明
90 : オーディオ
91 : スピーカーF
92 : スピーカーR
93 : エアコンレバー
94 : 風量4つ
95 : エアコン冷
96 : ミラーSW
97 : Rワイパー
98 : 熱線
99 : 時計
100 : ガーライター
101 : 灰皿
102 : Bミラー
103 : バイザー
104 : サンルーフ
105 : 室内灯 前
106 : 室内灯 中
107 : 室内灯 後
108 : シフト内照明
109 : 各スイッチ作動
110 : H.N.Lレバー
111 : サイドブレーキ
112 : 各シートベルト
113 : 各シートベルト受
114 : ジャッキ
115 : 工具
116 : ひじおき
117 : チャイルドロック
118 : エアブローほこり
119 : シート穴
120 : ダッシュ穴
121 : 天井穴
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス118
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス119
ハイラックス専門店カージャパントミーが全車に行う必須メンテナンス120

ハイラックスサーフ専門店トミーとして車の主要箇所に関して「中古車だから」、「古い車ですから」という事なく
「走る、曲がる、止まる、聞ける」に責任をもって整備し確認致します。