最終型の185サーフでさえ、生産から15年以上経過しました。
同世代の一般大衆車たちは引退していく中、185サーフはカスタマイズという独特の車の楽しみ方を融合させ、まだまだ現役で走り続けなければいけません。
この先、5年、10万キロと車歴を重ねていくための準備と、今できることをハイラックサーフ専門店の独自のノウハウでお伝えいたします。
この先も安心して、ハイラックスサーフとのライフスタイルを過ごしていくために性能維持の予防策をご提案いたします。

185型ハイラックスサーフ

エアコンパネル 

価格63,000円 (交換工賃含む)
ハイラックスサーフエアコンパネル 
185型後期型のエアコンパネルは、経年劣化による液晶パネル不点灯と、室温調節ダイヤルの故障が大半の車両に見られます。
この症状は、室温コントロールができないことや、エアコン自体の風量も不動になるため、エアコンが一切機能しなくなってしまいます。
よって、猛暑の夏場、極寒の冬場でも常に安心して快適な車内を維持していただく為に、エアコンパネルの新品交換をお勧めしております。

ハイラックサーフ用 ベーシックバッテリー

  
価格13,500円 (185、215サーフ同価格)
ハイラックスサーフバッテリー
車の故障で圧倒的に多いのが、エンジンがかからないという症状です。
それはバッテリー上がりによるものが大半ですが、バッテリーそのものの寿命、ライトなどの消し忘れによる放電と大きく2つの原因が考えられます。
まずはいつ交換したかわからない寿命が近いものの危険性を消去するため、車両購入時には新品バッテリーをお取り付けすることをお勧めいたします。