こんばんは!!

 

本日ご紹介するのはハイラックスサーフディーゼルでの特有のトラブルご紹介!!

特に寒い時期起きる症状です。

寒い日にキーを捻ってもセルは回るけどエンジン始動がされない・・・・なんてことはありませんか??

その原因で高確率なのが!!!!!

「プライミングポンプ」です。

ディーゼルエンジンの燃料ポンプの1つで燃料配管などにたまったエアを抜く際に手動(ポンピング)で

燃料を吸い上げることができるポンプです。

普段は操作することは無いですが燃料フィルターなどの定期的なメンテナンス後にどうしてもエア噛みが

生じた際に操作をする箇所です。

画像赤枠がポンプで青枠がフィルターです。

この2つは分離できるもので間にはOリングが挟まれているためにリングの経年でエア噛み、燃料滲みが

生じた場合にエンジン始動性能が悪くなることが起因しています。

セルをまわしても「ギュンギュンギュン」となり続けるだけでエンジンがかからない・・・・

と言う場合は黒のプライミングポンプを押して見てください。

エア噛み、燃料漏れが生じている場合は押し込んでもスカスカ状態です。
(通常は圧縮がかかっているので結構固いです)

圧縮が無いことを確認をしたら交換となりますが交換後はフィルター内にも燃料がいきわ

たっていないので赤枠側の黒キャップをひたすら押し続けると段々と固くなってきますので

ひたすら!!とことん押してください(笑)

ちょっと疲れますが頑張ってください!!

固くなれば後はキーを回して始動すれば「OK牧場」

耐久性に優れるエンジンですが各ポンプ、補機類は定期的なメンテは必要ですね♪

専門店として様々な事象について経験をしてきておりますのでブログにても定期的にメンテナンス講座

を開きます♪

次回お楽しみに!!!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ハイラックスサーフ専門店(株)カージャパン トミー
担当 加藤 隆一

〒981-0121宮城県宮城郡利府町神谷沢字舘ノ内8-1
TEL:022-781-5791FAX:022-781-5931
フリーダイヤル 0120-06-0185
E-mail :c-j@bc4.so-net.ne.jp

ホームページ:https://103customcar.com/tommy/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆